観葉植物も自分で|花のある生活で心にも潤いを|花の苗から育てる楽しさ

花のある生活で心にも潤いを|花の苗から育てる楽しさ

レディ

観葉植物も自分で

ガーデン

苗木とは、花木や樹木などの大きくなるタイプの観葉植物などのことを言います。果樹苗など、種類によっては大きいものもあるので、大きな鉢や高さのある苗木も販売されています。苗木も苗と同様、種の状態よりも育てやすいところが特徴です。
常緑樹と呼ばれる種類は4~5月が生育期なので、初心者の方はこの時期に苗木を植え替えると良いでしょう。花木や果樹などは、11~3月頃に植え替えると苗木への影響はあまりありません。苗木にもよりますが、鉢植えの場合は一回りほど大きな鉢に植え替えましょう。鉢底石や土を入れ、苗木を置き、さらに土を入れましょう。このときに、箸や棒などでつつきながら入れると隙間にも土がいきわたります。そしてたくさんの水をかけることが大切です。地植えの場合は、日当たりが良く、風通しがいい場所を探します。さらに水はけがいい場所だと最適です。2週間ほど前から植える場所に穴を掘っておきます。そして苦土石灰をその土に混ぜ、馴染むまで1週間ほどおきます。それから腐葉土を混ぜ、また馴染ませておきます。植え付ける日がきたら、苗木をそのまま穴に置き、掘った土を入れます。鉢植えと同様、たくさんの水をかけましょう。その後は土の状態をみながら、乾いていたら水を与えます。与えすぎると根が腐ってしまうので、様子をみながら水やりをしましょう。丈夫な苗木は、植え替えた後も元気な状態が続きます。長く丈夫に育てるためにも、苗木を購入する段階で葉っぱのつやがいいか確認したり、幹が丈夫なものを選ぶと良いでしょう。購入から植え替え、お世話をするすべての段階で成長過程を楽しみましょう。